スタッフ紹介 | Littlesugar[リトルシュガー]

採用情報

スタッフ紹介

ここでは、日夜『乙女ゲーム』の開発に、
全力で思いを込めて制作にあたっている、スタッフの方々の声をお届けしたいと思います。

  • リトルシュガー代表
  • デザイナー
  • ディレクター
  • スクリプター

リトルシュガーが目指すのは、まだ誰もみたことのない未来です

スタッフ写真:リトルシュガー代表

リトルシュガーが目指すのは、まだ誰もみたことのない未来です。

「2次元の世界に入れたら楽しい」
「キャラクターと恋愛ができたら、もっと素敵」

そんな「楽しい」を実現する為に、私たちは日々情熱を持って仕事に取り組んでいます。

また、私たちの目標は、女性が「楽しい」と思うワクワク、ドキドキな毎日を提供することです。

2015年のTGSで発表したVR(バーチャルリアリティ)技術の発展、グッズ展開、その他数多くのサービスの提供など、「楽しい」を提供し続ける為に、あらゆるジャンルを巻き込んだチャレンジを続けています。

ですから私たちは、情熱を持ち、責任感を持ち、そのコンテンツに愛情を持っています。

情熱や愛情を注いで完成する、「楽しい」コンテンツがお客様に提供できるように、
リトルシュガーは今後、女性が元気になるサービスを広げていきます。

9bit様のインタビューをお受けしました。【Creator’s Voice】エイタロウソフトの乙女ゲームブランド「Littlesugar」代表インタビュー!目指すはアニメ化?今後の展開にも期待大!

ゲームを世界観から作りたい人には理想の会社だと思います

マフィアモーレのグッズ写真マフィアモーレの舞台写真

弊社では「UI・アバター・線画と着色(既存の絵柄に合わせた物)」こちらすべてが2Dデザイナーの仕事になります。

ひたすら絵をずっと描いていたい人には向かない会社ですが、ゲームを世界観から作りたい人には理想の会社だと思います。

私の場合は、上記の事がひととおりできるようになった入社2年目で、同期のプランナーの子と一緒に組んでオリジナルのゲームを作るチャンスを頂きました。

たくさん話し合った日の帰り道で世界観を決定したり、お昼休憩ではハンバーグ屋さんに行きクロッキー帳を開いてたくさん話しながら2人で決めたのが楽しくてよく覚えてます。

ゲームを一から作るのは初めてでしたのでたくさんの方々に動いて助けて頂き、リリースする事が出来ました。リリース後のユーザーさんの反応はとても嬉しくて、日々のやりがいに繋がっています。

また、グッズ化や舞台化もさせて頂き、自分達で考えたキャラがリアルな世界に飛び出してきた事に驚きと幸せでいっぱいです。

現在はマフィアモーレ☆の更新作業を見つつ、リトルシュガーのタイトル全体に関わらせて頂いています。

マフィアモーレ☆でたくさんの方々に助けて頂いた分私も、今頑張ってるプロジェクトの力になりたいという気持ちを持っています。

そして次の新作に向けて流行の研究や、いろいろなアイディアを膨らませています!

リトルシュガーを拡大し、今プレイしてくださってるユーザーさんはもちろん、もっともっとたくさんの方に触れてもらいたいです。

デザイナーから乙女ゲームプランナーへ

スタッフ写真:ディレクター

私は当初デザイナーとして入社し、RPGの3DCGなどを作成していました。

転機は乙女チームスタッフの増員で、かねてより携わりたいと思っていた女性向けゲームの開発に、プランナーとして関わらせていただくチャンスをいただきました。

今までと違う職種への転身で不安はありましたが、念願の乙女ゲーム制作に関われるということで、資料作成や新イベントの作成、運営など、とにかく無我夢中で仕事に取り組んできました。

現在はディレクターとして、以前配信していた【山の手男子】のマフィアモーレと同システムへのリニューアルに向けて作業を進めています。
プランナーの仕事はプログラムとグラフィック以外の全てと言えるぐらい多岐に渡りますが、しっかりと仕様を把握し、よりお客様のニーズに合ったゲームにできるよう制作にあたっていきたいと思います。

いかにキャラの魅力を伝えられるシナリオにするか

スタッフ写真:スクリプター

様々なキャラクターがいますが、1人1人のキャラを大事にすること、いかにキャラの魅力を伝えられるシナリオにするか、ということにこだわりを持ちながら取り組んでいます。

私は一般大学出身ということもあり、入社当時は殆どの作業が未経験のものでした。

しかし、先輩方の熱心なご指導により、シナリオの基礎からスクリプトやデバッグなど、様々な作業に関する知識を得ることが出来ました。

初めてキャラ本編のプロットを作成した際は、迷うところや悩むところが多く、非常に大変でした。しかし、配信後、ユーザーの方から反応をいただいたことで楽しんでくださっている方々がいることを実感し、とても嬉しく思いました。

現在も色んなプロジェクトに関わらせていただきながら、ユーザーの方が、より楽しめるようなシナリオを作成するために日々勉強をしています。

今後も、ユーザーの方が魅かれるような世界観やキャラクター、シナリオを作っていきたいと思っています。

ページトップへ